コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奪叟全珠 だつそう ぜんじゅ

1件 の用語解説(奪叟全珠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奪叟全珠 だつそう-ぜんじゅ

1588-1642 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)16年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の大麟(だいりん)全索,上野(こうずけ)(群馬県)泉通寺の応朔(おうさく)にまなび,福昌寺の日鑑寿益の法をつぐ。寛永年間に鹿児島藩主島津家久にまねかれて妙円寺の住持となった。寛永19年6月24日死去。55歳。薩摩出身。俗姓は紀。号は仏照古心禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奪叟全珠の関連キーワード高松城高松(市)コルネイユ環境報告書エッセイ中津城村上水軍板倉重昌刀狩国史略

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone