コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奪叟全珠 だつそう ぜんじゅ

1件 の用語解説(奪叟全珠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奪叟全珠 だつそう-ぜんじゅ

1588-1642 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)16年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)福昌寺の大麟(だいりん)全索,上野(こうずけ)(群馬県)泉通寺の応朔(おうさく)にまなび,福昌寺の日鑑寿益の法をつぐ。寛永年間に鹿児島藩主島津家久にまねかれて妙円寺の住持となった。寛永19年6月24日死去。55歳。薩摩出身。俗姓は紀。号は仏照古心禅師。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奪叟全珠の関連キーワード万霊光誉急西駒井昌保順専乗阿忠尊伝長必夢妙庵明珍宗介

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone