焦竑(読み)しょうこう(英語表記)Jiāo Hóng

世界大百科事典 第2版の解説

しょうこう【焦竑 Jiāo Hóng】

1541‐1620
中国,学者。江寧(江蘇省)の人。字は弱侯,号は澹園。1589年(万暦17)殿試第一をもって翰林院修撰を授けられ,ついで皇長子(のちの泰昌帝)の講官となる。97年弾劾をうけて福寧州同知に左遷され,のちまもなく官を辞した。無類の博学家,蔵書家で,《国朝献徴録》《国史経籍志》など多数の著書がある。また,陽明学左派(泰州派)の学者として親友李贄(りし)(卓吾)の庇護に努めた。王学左派【谷 光隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焦竑
しょうこう
Jiao Hong

[生]嘉靖20 (1541)
[没]泰昌1 (1620)
中国,の学者。江蘇省江寧の人。博学で,儒道仏を一した立場をとった。李卓吾の親友として知られる。主著『易筌』『老子翼』『荘子翼』『国朝献徴録』『焦氏筆乗』『国史経籍史』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しょうこう
(1541―1620)

中国、明(みん)末の陽明学者。字(あざな)は弱侯(じゃくこう)、号は(いえん)、澹園(たんえん)とも号した。江寧(こうねい)(いまの南京(ナンキン))の人。泰州学派の羅汝芳(らじょほう)、耿定向(こうていきょう)(1524―1596)を師とし、異端者李贄(りし)とも親交があった。その主張は、儒仏道三教一致の立場にたち、人間本来の心を信じて、ありのままの自然を貴ぶことにあり、宋(そう)儒のような外的な修養を嫌った。学術的な随筆『焦氏筆乗』(1606)、明一代の書誌『国史経籍志』(1594)、古今の注を集めた『老子翼』(1588)、『荘子翼』(1588)を残した。これらは、明末の人としては例外的に広い学識に裏打ちされており、清朝(しんちょう)学に連なっていくものを感じさせる。詩文集『澹園集』(1615)がある。[杉山寛行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android