福昌寺(読み)ふくしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ふくしょうじ【福昌寺】

鹿児島県鹿児島市池之上町に存した曹洞宗の禅寺で,1895年に現在地の川内市向田町へ移転した。山号は玉竜山。1394年(応永1)島津家7代元久が石屋真梁(せきおくしんりよう)を請じて創建し,以来島津家歴代の菩提所として日・薩・隅3州を支配する一方,全国に千有余の末寺を有する名刹であった。また1546年(天文15)には,後奈良天皇綸旨(りんじ)により勅願寺となった。歴代の住持のなかでは,開基檀越(だんおつ)島津元久の世子であった福昌寺3世仲翁守邦(ちゆうおうしゆほう)(幼名梅寿)をはじめとして,5世心厳良信(中興),11世天祐宗津,13世大鷹宗俊,18世代賢守仲などがとくに著名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android