女功場(読み)ジョコウバ

デジタル大辞泉の解説

じょこう‐ば〔ヂヨコウ‐〕【女功場】

女子の仕事場。
明治初期の女子教育機関の一。簡易な読み書きや裁縫・礼法などを教えたもの。にょこうば。
芸妓舞妓に、行儀作法などを教えた所。にょこうば。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょこうば【女功場】

女子の仕事場。
明治初期、女子に読み書きと裁縫などの手仕事を教えるために設けた教育機関。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android