好事門を出でず(読み)コウジモンヲイデズ

デジタル大辞泉の解説

好事(こうじ)門(もん)を出(い)でず

《「北夢瑣言」から》よい行いは、なかなか世間に伝わらない。
[補説]「悪事千里を行く」と対で使われることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうじ【好事】 門(もん)を出(い)でず

よい行ないは、なかなか世間に伝わりにくい。こうずは門を出でず。
※光悦本謡曲・藤戸(1514頃)「好事門をいでず、悪事千里を逝け共子をば忘れぬ親なるに」 〔北夢瑣言‐六〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android