コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

好酸球 コウサンキュウ

大辞林 第三版の解説

こうさんきゅう【好酸球】

白血球の一。細胞質中に酸性色素によく染まる顆粒をもち、アレルギー性疾患や寄生虫病のときに数が増す。好酸性白血球。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の好酸球の言及

【血球】より

赤血球(2)白血球 白血球と総称されるものは,大きさ,核の特徴,細胞質の顆粒などから5種類に分類される。まず,顆粒をもった白血球が最も多く,顆粒の染色性から,淡紫紅色の顆粒(中性の色調)を有するものを好中球,粒状の橙色(酸性)顆粒を有するものを好酸球,濃い青紫色で粗大な顆粒をもった血球を好塩基球という。この3種の白血球は,共通して顆粒を有することから顆粒球と総称される。…

【白血球】より

…骨髄で生産され,体内に侵入した病原微生物や異物を貪食する。好中球,好酸球,好塩基球の3種がある。 好中球はエオジン‐メチレンブルー染色で顆粒が中間的な淡桃~淡紫赤色に染まることから名づけられた。…

※「好酸球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

好酸球の関連キーワードイヌ・ネコ回虫症(内臓幼虫移行症)アレルギー性肉芽腫性血管炎チャーグ‐ストラウス症候群白血球ということばの意味ジューリング疱疹状皮膚炎好酸球増加好酸球性膿疱性毛包炎好酸球増加性胃腸炎トリプトファン製剤気管支喘息治療剤好酸球性髄膜脳炎結節性動脈周囲炎白血球機能異常症好酸球性筋膜炎レフレル症候群PIE 症候群レフラー症候群骨腫瘍類似疾患広東住血線虫症ネーゲリの法則

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

好酸球の関連情報