コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如何にぞ イカニゾ

デジタル大辞泉の解説

いかに‐ぞ【如何にぞ】

[連語]《「ぞ」は係助詞》
状態・原因などについての疑問、または質問の意を表す。どうして。
「そことなき恨みぞ常に思ほゆる―人のあらずなる頃」〈風雅・恋四〉
(次に来るべき「ある」を省略して)どういう状態であるか。どうだ。
「―。月は見給ふや」〈和泉式部日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いかにぞ【如何にぞ】

どんなふうに。どのように。 「母の御方に参り給ひて、-月頃はなど言ふ/源氏 手習
なぜ。どうして。 「 -波に入りにし人のかかるわたりにもある/右京大夫集」
(反語に用いて)どうして…であろうか(…ない)。 「真の体若し無きならば、-修証せむと欣ねがはむ/大乗広百論釈論 承和点

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

如何にぞの関連キーワード係助詞如何に報怨月頃

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android