コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手抜かり テヌカリ

デジタル大辞泉の解説

て‐ぬかり【手抜かり】

不注意のため、しなければならないことを十分にしないこと。注意が行き届かないための失策。手落ち。「警備に手抜かりがある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てぬかり【手抜かり】

物事を行う上で、手続き・方法などに欠陥があること。手落ち。 「対応に-があった」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手抜かりの関連キーワード目の鞘が外れる神経を尖らせる抜け目がない原爆スパイそつが無い如在・如才藤原頼通詰める気配り抜け目仕落ち手抜け遺漏欠陥如才周到厳にへまそつ杜漏

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手抜かりの関連情報