手抜かり(読み)テヌカリ

デジタル大辞泉「手抜かり」の解説

て‐ぬかり【手抜かり】

不注意のため、しなければならないことを十分にしないこと。注意が行き届かないための失策手落ち。「警備に手抜かりがある」
[類語]鈍感鈍いうかつ無自覚無感覚無責任無神経不用意不注意無意識的散漫抜かり手落ちそつ手抜き遺漏疎漏抜かるうっかりうかうかノーマーク漏れ落ち抜けけつ欠如欠損欠落欠員脱漏脱落欠漏空き間引き不備尻抜け仕落ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android