コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙心 みょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙心 みょうしん

1779-1815 江戸時代後期の僧。
安永8年生まれ。岐阜県揖斐郡(いびぐん)横蔵(よこくら)寺に即身仏として安置されている。寺近くの神原の人。信濃(しなの)善光寺出家,のち富士行者となって食日一行妙心と号した。富士山麓の御正体(みしょうたい)山で,文化12年入定。37歳。一説に35歳。俗名は藤原吉定,または古野小市郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

妙心

没年:文化14(1817)
生年:天明1(1781)
江戸時代の富士行者の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。横蔵寺(岐阜県谷汲村)に祀られる。横蔵寺近くの福原村で生まれ,信州・善光寺で得度,のち富士行者となって食日一行妙心と名乗る。富士山麓の御正体山を開き,文化14(1817)年3月,御正体山の奥の院で白木の棺に入り31日間の断食の末に入定して即身仏となった。これ以前にも享保18(1733)年富士山の7合5勺目の烏帽子岩で白木の厨子に入り,31日間の断食をして入定した食行身禄がおり,妙心の名前や入定法にこの身禄の影響が強くみられる。身禄以前にも,延宝5(1677)年に富士山頂の釈迦ケ岳で安山禅師と弟子の 久円が入定している。<参考文献>内藤正敏『ミイラ信仰の研究』

(内藤正敏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

妙心の関連キーワード横蔵寺(よこくらじ)高尾(妙心高尾)花園(京都市)慈恩護国禅寺池上 慧澄後藤 瑞巌山本 玄峰梶浦 逸外久保角太郎活山玄旭黙水龍器悦堂宗懌無着道忠五葉愚溪養巌智胎内藤正敏宙外玄杲雲外玄嶂摂応晋恒通山宗鶴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙心の関連情報