コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御正体 ミショウタイ

デジタル大辞泉の解説

み‐しょうたい〔‐シヤウタイ〕【御正体】

《「みしょうだい」とも》御神体。また、神仏習合の考えによって神体である鏡に本地仏の像を示した鏡像または懸仏(かけぼとけ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御正体【みしょうたい】

木や銅の円板仏像を浮彫し荘厳具をつけ,掛けられるようにしたもの。懸仏(かけぼとけ)とも。本地垂迹説に基づいて本地仏を表す形式として用いられた。平安末〜鎌倉初期に,鏡に仏像を毛彫して神社に奉納したのに始まる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

みしょうたい【御正体】

神体または本尊を敬っていう語。御本体。図像や鏡像についてもいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御正体の言及

【懸仏】より

…神の依代(よりしろ)として作られた鏡に御正体(みしようたい)としての神像や本地垂迹説による仏像などをあらわしたもので,その形態から鏡面に毛彫,線刻,描画したものを鏡像とよび,鏡面や鏡地板に別製の薄肉または厚肉の神像や仏像をとりつけたものを懸仏とよんでいる。平安時代の御正体の主流は鏡像で,その在銘最古のものとして永延2年(988)銘の線刻阿弥陀五尊鏡像(重文)がある。…

【鏡像】より

…鏡面に神仏の姿や梵字などを線刻または墨書し,社寺に奉納,礼拝したもので,御正体(みしようたい)とも呼ばれる。日本では平安時代から江戸時代まで盛んに製作された。…

【神道美術】より

…このような事実が見直され,神道美術の概念で,神仏習合による造形が総体的に把握されている。その作品分野には,神像などの彫刻,神道曼荼羅や神社縁起絵巻などの絵画,御正体(みしようたい),御神宝,神輿などの工芸があるが,広義には神社建築も含まれる。 神道には偶像崇拝はなかったが,7世紀末には神社に神宮寺が付属して,仏像が安置されており,このころから神道にも礼拝対象の必要が迫られ,奈良時代末期から平安時代の初期に菩薩神像,法体神像,俗体神像が生まれた。…

※「御正体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御正体の関連キーワード愛知県豊橋市小松原町禁河十二部書懸け仏・懸仏本地垂迹美術本地垂迹説神道美術丹沢山地好島荘筑北村妙心本尊図像正体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android