コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉川栄蔵 あねかわ えいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉川栄蔵 あねかわ-えいぞう

1834-1900 幕末-明治時代の武士,神職。
天保(てんぽう)5年5月生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,真木和泉(いずみ)らと藩政改革をくわだてて失敗し,幽閉される。文久3年の七卿落ちにも同行。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽征討の軍監をつとめた。維新後は福岡県三潴(みずま)郡長,高良(こうら)神社宮司などをつとめた。明治33年8月19日死去。67歳。名は行道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

姉川栄蔵の関連キーワード葛飾北斎野村軍記服飾雑誌画論アヘン戦争図鑑酒井雄三郎チェコ文学ライト(兄弟)アンダーソン