コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫蜂 ヒメバチ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐ばち【姫蜂】

膜翅(まくし)目ヒメバチ科の昆虫総称。体は細長く、腹部は平たい。長い触角をもつ。雌の産卵管は長い針状のものが多く、他の昆虫やクモなどに産卵する。農業上の益虫となる種も多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめばち【姫蜂】

ヒメバチ科に属するハチの総称。体長数ミリメートルから数十ミリメートル。体は細い。触角と産卵管が細長い。鱗翅りんし類や甲虫などの幼虫・蛹さなぎやクモに寄生して天敵となるので農業・林業上は益虫とされる。ヒメバチ科は昆虫で最大の科で、世界に約6万種、日本に1200種以上が知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姫蜂 (ヒメバチ)

動物。ヒメバチ科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

姫蜂の関連キーワード動物

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android