コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫蜂 ヒメバチ

2件 の用語解説(姫蜂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐ばち【姫蜂】

膜翅(まくし)目ヒメバチ科の昆虫の総称。体は細長く、腹部は平たい。長い触角をもつ。雌の産卵管は長い針状のものが多く、他の昆虫やクモなどに産卵する。農業上の益虫となる種も多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめばち【姫蜂】

ヒメバチ科に属するハチの総称。体長数ミリメートルから数十ミリメートル。体は細い。触角と産卵管が細長い。鱗翅りんし類や甲虫などの幼虫・蛹さなぎやクモに寄生して天敵となるので農業・林業上は益虫とされる。ヒメバチ科は昆虫で最大の科で、世界に約6万種、日本に1200種以上が知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone