娟子内親王(読み)けんしないしんのう

朝日日本歴史人物事典の解説

娟子内親王

没年:康和5.3.12(1103.4.20)
生年:長元5.9.13(1032.10.19)
平安時代後期の賀茂斎院。後朱雀天皇と陽明門院禎子内親王の子。「よしこ」とも。長元9(1036)年賀茂斎院に卜定される。寛徳2(1045)年父の譲位により退出。天喜5(1057)年突然姿を消して人々を慌てさせたが,参議源俊房と共に暮らしていたところを発見された。恋におちた俊房が娟子を連れ去ったらしく,このためか狂斎院とも呼ばれる。このスキャンダルに弟後三条天皇は立腹し,在位中は俊房の出仕を止めた。そのため俊房は弟顕房に官位を越されたが,延久4(1072)年白河天皇即位により政界に復帰した。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

娟子内親王 (けんしないしんのう)

生年月日:1032年9月13日
平安時代中期;後期の女性。後朱雀天皇の第2皇女
1103年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android