娟子内親王(読み)けんしないしんのう

朝日日本歴史人物事典の解説

娟子内親王

没年:康和5.3.12(1103.4.20)
生年:長元5.9.13(1032.10.19)
平安時代後期の賀茂斎院。後朱雀天皇と陽明門院禎子内親王の子。「よしこ」とも。長元9(1036)年賀茂斎院に卜定される。寛徳2(1045)年父の譲位により退出。天喜5(1057)年突然姿を消して人々を慌てさせたが,参議源俊房と共に暮らしていたところを発見された。恋におちた俊房が娟子を連れ去ったらしく,このためか狂斎院とも呼ばれる。このスキャンダルに弟後三条天皇は立腹し,在位中は俊房の出仕を止めた。そのため俊房は弟顕房に官位を越されたが,延久4(1072)年白河天皇即位により政界に復帰した。

(京楽真帆子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

娟子内親王 (けんしないしんのう)

生年月日:1032年9月13日
平安時代中期;後期の女性。後朱雀天皇の第2皇女
1103年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android