コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娟子内親王 けんしないしんのう

2件 の用語解説(娟子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

娟子内親王 けんしないしんのう

1032-1103 平安時代中期-後期,後朱雀(ごすざく)天皇の第2皇女。
長元5年9月13日生まれ。母は陽明門院。長元9年賀茂斎院,内親王となる。寛徳2年(1045)父の譲位により斎院をしりぞき,のち源俊房と結婚した。康和5年3月12日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

娟子内親王

没年:康和5.3.12(1103.4.20)
生年:長元5.9.13(1032.10.19)
平安時代後期の賀茂斎院。後朱雀天皇と陽明門院禎子内親王の子。「よしこ」とも。長元9(1036)年賀茂斎院に卜定される。寛徳2(1045)年父の譲位により退出。天喜5(1057)年突然姿を消して人々を慌てさせたが,参議源俊房と共に暮らしていたところを発見された。恋におちた俊房が娟子を連れ去ったらしく,このためか狂斎院とも呼ばれる。このスキャンダルに弟後三条天皇は立腹し,在位中は俊房の出仕を止めた。そのため俊房は弟顕房に官位を越されたが,延久4(1072)年白河天皇即位により政界に復帰した。

(京楽真帆子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

娟子内親王の関連キーワード後朱雀天皇怡子内親王春日局(2)官子内親王慧子内親王斎院中将正子内親王(2)穆子内親王源有房(1)陽明門院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone