コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人世界 ふじんせかい

1件 の用語解説(婦人世界の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんせかい【婦人世界】

1906年1月に実業之日本社から創刊された女性雑誌大衆作家村井弦斎を編集顧問に迎えて料理・育児などの実用記事,家庭婦人のための修養記事などを売りものにした。文芸欄では河井酔茗らが詩を,与謝野晶子が短歌を担当したほか,家庭小説を連載し,読者の人気を博した。また,それまでの雑誌販売では小売店の買切制であったのをあらため,返品自由の委託販売をはじめて採用し,発行部数をのばした。33年5月終刊。【有山 輝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

婦人世界の関連キーワード有本芳水藤田圭雄芸文木内錠子佐波甫当山哲夫星野水裏増田義一三谷昭光岡威一郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone