婦人世界(読み)ふじんせかい

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんせかい【婦人世界】

1906年1月に実業之日本社から創刊された女性雑誌。大衆作家の村井弦斎を編集顧問に迎えて料理・育児などの実用記事,家庭婦人のための修養記事などを売りものにした。文芸欄では河井酔茗らが詩を,与謝野晶子が短歌を担当したほか,家庭小説を連載し,読者の人気を博した。また,それまでの雑誌販売では小売店の買切制であったのをあらため,返品自由の委託販売をはじめて採用し,発行部数をのばした。33年5月終刊。【有山 輝雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婦人世界の関連情報