コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑原武夫 くわばらたけお

5件 の用語解説(桑原武夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桑原武夫
くわばらたけお

[生]1904.5.10. 敦賀
[没]1988.4.10. 京都
仏文学者,評論家。桑原隲蔵 (じつぞう) の長男。第三高等学校を経て 1928年京都大学仏文科卒業。 48年京大人文科学研究所教授,59~63年所長。同大名誉教授スタンダールアランの紹介者として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くわばら‐たけお〔くはばらたけを〕【桑原武夫】

[1904~1988]仏文学者・評論家。福井の生まれ。隲蔵(じつぞう)の子。西欧的知性や近代的精神に基づいた評論が多く、京都大学人文科学研究所の学際的な共同研究を推進した。文化勲章受章。著「第二芸術‐現代俳句について」「文学入門」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

桑原武夫【くわばらたけお】

仏文学者,評論家。福井県生れ。京大卒。父は東洋史学の権威,桑原隲蔵(じつぞう)。三高,東北大などをへて1948年京大人文研教授。専門のフランス文学においてはスタンダールアランの紹介者として知られる。
→関連項目上山春平

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原武夫 くわばら-たけお

1904-1988 昭和時代のフランス文学者,評論家。
明治37年5月10日生まれ。桑原隲蔵(じつぞう)の次男。アランやスタンダールの研究・翻訳,俳句第二芸術論で知られる。昭和23年京大人文科学研究所教授。のち所長として「ルソー研究」「フランス革命の研究」などの共同研究を推進。33年チョゴリザ遠征隊長をつとめるなど,多方面で活躍。54年文化功労者。62年文化勲章。昭和63年4月10日死去。83歳。福井県出身。京都帝大卒。著作に「文学入門」「人間素描」など。
【格言など】私は「これ一筋」というのが嫌い

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くわばらたけお【桑原武夫】

1904~1988) フランス文学者・評論家。福井県生まれ。隲蔵の子。京大教授。幅広い評論活動を展開。各分野の専門家を結集しての学際研究の先鞭をつける。評論「第二芸術論」、共同研究「フランス革命の研究」「中江兆民の研究」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

桑原武夫の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者土讃線解析変成作用熱雲東欧演劇新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桑原武夫の関連情報