媒精(読み)バイセイ

大辞林 第三版の解説

ばいせい【媒精】

精子と卵が同じ液体の媒質中におかれるという受精の前提条件をみたして行われる多細胞動物の受精。授精。受精。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばい‐せい【媒精】

〘名〙 精子と卵子を同じ液体の媒質中に置くという受精のための条件が満たされること。多くの水生動物では雌が放卵し、雄が放精することによって行なわれるが、この効果を上げるため、雌雄が生殖輸管開口部を近づけたり、交尾を行なったりする。陸生動物では雌の体内に精子を送りこむことが必要となり交尾が行なわれる。授精。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の媒精の言及

【受精】より

…体内受精の場合には交尾をし,雄が雌の生殖器道内に精子を射精ejaculationし,雌性生殖器道内の体液中で,上述の条件が満たされる。このように精子を,卵子に対して水性環境中を運動して接近しうるような状態に置くことを媒精または授精inseminationという。人工的に授精を施すのが人工授精artificial inseminationである。…

※「媒精」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android