コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの乱視 こどものらんしAstigmatism

翻訳|Astigmatism

1件 の用語解説(子どもの乱視の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものらんし【子どもの乱視 Astigmatism】

[どんな異常か]
 乱視は、遠くから目に入ってきた光がどこにも像を結ぶことができない状態をいいます(乱視(「乱視」))。乱視は円柱(えんちゅう)レンズによって矯正(きょうせい)することができます。
 子どもの乱視は、弱視(じゃくし)(「弱視」)の原因となる場合があり(屈折弱視(くっせつじゃくし))、1.5~2.0ディオプター(屈折度の単位)程度の乱視でも、弱視を生じる場合があります。視力が0.5以下であったり、1.5ディオプター以上の乱視がある場合には眼鏡矯正が必要です。また、近視(きんし)や遠視(えんし)に乱視をともなっている場合には、1.5ディオプター以下であっても、乱視を含めた眼鏡矯正が望ましいと考えられます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone