コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの乱視 こどものらんし Astigmatism

翻訳|Astigmatism

1件 の用語解説(子どもの乱視の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものらんし【子どもの乱視 Astigmatism】

[どんな異常か]
 乱視は、遠くから目に入ってきた光がどこにも像を結ぶことができない状態をいいます(乱視(「乱視」))。乱視は円柱(えんちゅう)レンズによって矯正(きょうせい)することができます。
 子どもの乱視は、弱視(じゃくし)(「弱視」)の原因となる場合があり(屈折弱視(くっせつじゃくし))、1.5~2.0ディオプター(屈折度の単位)程度の乱視でも、弱視を生じる場合があります。視力が0.5以下であったり、1.5ディオプター以上の乱視がある場合には眼鏡矯正が必要です。また、近視(きんし)や遠視(えんし)に乱視をともなっている場合には、1.5ディオプター以下であっても、乱視を含めた眼鏡矯正が望ましいと考えられます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの乱視の関連キーワードあから目傍ら目視力障害長風遠鳴り何なりプリマドンナシミー不正乱視異常行動 (abnormal behaviour)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone