コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子の星 ねのほし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子の星
ねのほし

北極星すなわちこぐま座α星の和名。十二支でいう方角の (ね) つまり北に常にあることからついた名称。天の北極からは約1°ずれており,地球の自転に伴って,わずかに位置が変化する。日本の船乗りはこの現象を知っていたらしく,北極星の位置変化に関する伝説は日本各地に散在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ねのほし【子の星】

北極星の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の子の星の言及

【こぐま座(小熊座)】より

…しかし歳差現象により天の北極はしだいにこの星から離れていく。日本では北極星を子の星,北辰などと呼ぶが,この星を妙見菩薩に見たてて星祭をする妙見信仰がある。概略位置は赤経15h40m,赤緯+78゜。…

【星】より

…元文期の《塵袋》に南斗の斗は〈枓〉の略字で〈しゅ〉と読み,〈ひさご(ひしゃく)〉の意味であろうかと注がある。 子の星(ねのほし)北極星の和名。子は十二支でいう正北で,農村漁村では〈北のひとつ星〉とともにもっぱらこの名で呼んだ。…

【北極星】より

…こぐま座のα星。ポラリスPolalisともいう。これはラテン名ステラ・ポラリスの略である。中世ヨーロッパではステラ・マリス(〈海の星〉の意)の呼称も流布していた。北の方位を知る重要な星のため,さまざまな別称がある。日本では,〈ねのほし〉,〈北のひとつぼし〉などの名で知られる。天の北極の位置は,歳差のため少しずつ移動する。3000~2000年ほど前の北極星はコカブ(こぐま座β星)であり,1万2000年後にはベガになるはずである。…

※「子の星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子の星の関連キーワードリトルツインスターズ星の王子さま吉備氏の反乱菅谷 省三宮沢 トシ牧口真幸宮沢トシ異名

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android