コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子の星 ねのほし

3件 の用語解説(子の星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子の星
ねのほし

北極星すなわちこぐま座α星の和名。十二支でいう方角の子 (ね) つまり北に常にあることからついた名称。天の北極からは約1°ずれており,地球の自転に伴って,わずかに位置が変化する。日本の船乗りはこの現象を知っていたらしく,北極星の位置変化に関する伝説は日本各地に散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ね‐の‐ほし【子の星】

北極星の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねのほし【子の星】

北極星の異名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の子の星の言及

【こぐま座(小熊座)】より

…しかし歳差現象により天の北極はしだいにこの星から離れていく。日本では北極星を子の星,北辰などと呼ぶが,この星を妙見菩薩に見たてて星祭をする妙見信仰がある。概略位置は赤経15h40m,赤緯+78゜。…

【星】より

…元文期の《塵袋》に南斗の斗は〈枓〉の略字で〈しゅ〉と読み,〈ひさご(ひしゃく)〉の意味であろうかと注がある。 子の星(ねのほし)北極星の和名。子は十二支でいう正北で,農村漁村では〈北のひとつ星〉とともにもっぱらこの名で呼んだ。…

【北極星】より

…こぐま座のα星。ポラリスPolalisともいう。これはラテン名ステラ・ポラリスの略である。中世ヨーロッパではステラ・マリス(〈海の星〉の意)の呼称も流布していた。北の方位を知る重要な星のため,さまざまな別称がある。日本では,〈ねのほし〉,〈北のひとつぼし〉などの名で知られる。天の北極の位置は,歳差のため少しずつ移動する。3000~2000年ほど前の北極星はコカブ(こぐま座β星)であり,1万2000年後にはベガになるはずである。…

※「子の星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子の星の関連キーワード北辰北極星大熊座小熊極星小熊座紫微星おおぐま座(大熊座)こぐま座(小熊座)りゅう座(竜座)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子の星の関連情報