コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮復古 しきゅうふっこ

妊娠・子育て用語辞典の解説

しきゅうふっこ【子宮復古】

妊娠すると、女性の子宮は大きさや長さを増します。子宮内には胎盤もできます。子宮復古とは、妊娠・分娩によって生じたこれらの変化が、分娩後、徐々に妊娠前の状態に戻ることをいいます。期間はおよそ分娩後6週~8週で、この時期を産褥期といいます。子宮の復古は後陣痛、さらに赤ちゃんに母乳を与えることで促進されます。産後1週目にはまだ子宮は下腹部あたりに触れますが、2週目にはさらに収縮しておなかの上から触れなくなります。4週目には妊娠前の大きさに近づき、6~8週ごろにはおよそ妊娠前の状態に戻ります。このころまで1日数回、茶色の悪露が見られるときもありますが、血が混じっている、悪露の量が減らない、嫌なにおいがする、腹痛があるなどのときは、子宮復古がうまくいっていない可能性もあるので、すみやかに産婦人科を受診しましょう。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の子宮復古の言及

【産褥】より

…妊娠・分娩によってもたらされた母体の諸変化が,分娩の終了から非妊正常状態に復元するまでの,6~8週間の期間を産褥または産褥期といい,産褥にある婦人を褥婦puerperantという。この期間は子宮復古,乳汁分泌,内分泌機能などの著しい変化を伴い,心理的にも不安定で,産褥ノイローゼ,精神病が起こりやすい。 子宮復古とは産褥期における子宮の急速な縮小のことで,分娩後の子宮収縮である後陣痛によって復古が促進される。…

※「子宮復古」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子宮復古の関連キーワード産褥期の注意すべき症状と対策産褥期の送り方子宮復古不全晩期出血産褥熱

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android