子宮発育不全(読み)しきゅうはついくふぜん

百科事典マイペディアの解説

子宮の発育が不十分なもの。胎児期の子宮は(けい)部が体部より大きいが,10歳ごろまでの間に子宮体部と頸部の比が同じくらいの小児子宮となり,思春期に達すると体部は頸部より大きくなり,20歳前後で成熟する。発育不全の子宮はその発育が中途で停止したもの。単に子宮が小さいだけで機能が完全であれば妊娠の可能性はあるが,機能が不全の場合には無月経,月経過少などの月経異常があり,妊娠しても流産しやすい。治療にはホルモン療法のほか,全身の健康を図ることが必要。
→関連項目月経過多

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android