不全(読み)ふぜん

精選版 日本国語大辞典 「不全」の意味・読み・例文・類語

ふ‐ぜん【不全】

〘名〙 (形動) 必要な条件要素などがそろっていなくて十分でないこと。機能などが十全にはたらかないこと。また、そのさま。不完全。
正法眼蔵(1231‐53)仏向上事「七識不全といふは破木杓なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「不全」の意味・読み・例文・類語

ふ‐ぜん【不全】

[名・形動]活動や機能が完全でないこと。また、そのさま。不完全。「不全な機能」「発育不全
[類語]まだしもまだ曲がりなりにもえんやらやっとやっとのことでどうにかこうにかどうにかやっとようやくようようようやっと何とかかろうじてからくも危うくすんでのところやっとこさ間一髪どうかこうかかつがつどうやらこうやら危なくすんでのことすんでにあわや九死に一生を得るすれすれまあまあまあよっぽどかなりなかなかわりあいわりかたわりかし割に比較的まずまずかすかすどうやらなんとかかんとかそこそこそれなり増し次善セカンドベストベター及第無難ほどほど捨てたものではない満更まんざらでもないいまだしいま不徹底不十分及ばずながら不完全どうなりこうなり一応急場しのぎ当座しのぎ一時しのぎその場しのぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android