子思子(読み)シシシ

デジタル大辞泉の解説

ししし【子思子】

中国の思想書
もと23編であったが散逸。戦国時代の子思著。「中庸」はその残存部分といわれる。
1巻。宋の汪晫(おうたく)編。「中庸」その他の古典から、子思の言行を集録し、内編・外編に分けたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししし【子思子】

孔子の孫、子思の撰による儒書。宋代に散逸して現存しないが、「礼記」中の「中庸」はその一部であるという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ししし【子思子】

中国の儒書
[一] 春秋戦国時代孔子の孫の子思撰。「漢書‐芸文志」によると「子思子二十三篇」とあるが、現在散逸し、「礼記」中の「中庸」がその残存したものといわれる。
[二] 一巻。宋の汪晫(おうたく)編。「中庸」やその他の書から子思の言行を集めて、内篇を天命・鳶(えん)魚・誠明、外篇を無憂・胡母豹・喪服・魯繆(ろぼく)公・任賢・過斉の九編に分けたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android