コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子安神 こやすがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子安神
こやすがみ

安産子育ての神。『日本三代実録』貞観 18 (876) 年7月 11日の条にすでにその名が出ていることからもわかるように,古くからある信仰で,広く各地で行われた。現在では子安観音子安地蔵子安八幡など他の信仰と結びついたものが多い。東日本には子安講といって,婦人が集って子安様を信仰しているところがあり,月の 19日に集るので十九夜講とか十九夜様とも呼ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

子安神【こやすがみ】

安産子育ての神。子易神とも書く。神道では火中で3柱の御子神を産んだ伝説により木花開耶姫(このはなのさくやひめ)をまつり,仏教と習合し,子安地蔵,子安観音,鬼子母神をまつる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こやすがみ【子安神】

子易神とも書く。安産・子育てを祈願する神。子安神の名は《三代実録》に〈美濃国児安神〉とあり,その信仰は古い。子安神には木花之開耶姫(このはなのさくやびめ)を祭神とする子安神社と,観音・地蔵などと結びついた子安観音・子安地蔵とが全国的に分布している。子安観音は中国の慈母観音の影響を受けたといわれ,幼児を抱いた慈母の像で,西日本に多く,堂または神社の形をとって祀られている。これに対して子安地蔵は路傍の石像が多く,東日本に多く見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こやすがみ【子安神】

安産・子授け・子育ての無事を祈願する神。木花開耶姫このはなさくやひめなど。また、子安観音・子安地蔵をもさす。子安。こやすのかみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子安神
こやすがみ

子授け・安産・子育てなどの神として広く信仰されている神。子安神の名称は古く『三代実録』貞観(じょうがん)18年(876)の条に「美濃(みの)国児安神」とあり、現在も各地に子安神社がある。児安、子易とも書き、いずれも木花開耶姫(このはなさくやひめ)(山の神)を祭神とし、安産・育児の神とされている。
 子安信仰の形態は多様で、西日本では観音(かんのん)信仰と結合して子安観音となり、堂または神社の形となっている。したがって祭日も一定して信仰されている。東日本、とくに関東地方東部では、子安地蔵、あるいはただ子安様と称して、地域の既婚婦人による講集団によって祀(まつ)られる形が多い。これは組単位に集合し、子安神を祀って安産祈願をするものである。正月・5月・9月の19日、あるいは毎月19日に集まるので、十九夜講(じゅうくやこう)ともよんでいる。犬が死んだことを伝聞すると臨時に子安講を行うこともある。犬の霊魂が安産をもたらしてくれるものと信じ、さらに安産すなわち子安神の信仰と結合したものである。[鎌田久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

子安神の関連キーワード子宝の湯神内神社妊娠祈願長寿寺子授け産神

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android