コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子安地蔵 コヤスジゾウ

デジタル大辞泉の解説

こやす‐じぞう〔‐ヂザウ〕【子安地蔵】

妊婦の安産を守護するという地蔵尊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こやすじぞう【子安地蔵】

安産をかなえるといわれる地蔵尊。子安。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の子安地蔵の言及

【子安神】より

…子安神の名は《三代実録》に〈美濃国児安神〉とあり,その信仰は古い。子安神には木花之開耶姫(このはなのさくやびめ)を祭神とする子安神社と,観音・地蔵などと結びついた子安観音・子安地蔵とが全国的に分布している。子安観音は中国の慈母観音の影響を受けたといわれ,幼児を抱いた慈母の像で,西日本に多く,堂または神社の形をとって祀られている。…

※「子安地蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

子安地蔵の関連キーワード兵庫県加古川市志方町永室栃木県宇都宮市新町帯解(奈良市)妊娠祈願子授け子安神妊婦子安志方石女

子安地蔵の関連情報