コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔叢子 くぞうし Kong-cong-zi

3件 の用語解説(孔叢子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔叢子
くぞうし
Kong-cong-zi

孔子やその弟子の言行を書き記した書。3巻。漢の孔鮒 (子魚) の編とされるが,後世の偽作である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

孔叢子
こうそうし

「孔叢子 (くぞうし)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔叢子
くぞうし

中国、孔子8世の孫、漢の孔鮒(こうふ)(字(あざな)は子魚)の撰(せん)と伝えられる書。孔子およびその代々の子孫の言行を載せる。この書名が『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)にはみえないこと、その内容が雑駁(ざっぱく)であることより、『孔子家語(けご)』と同様、魏晋(ぎしん)のころの偽作とみなされる。現行本は、1巻21編のほかに、やはり孔子の子孫、孔臧(こうぞう)の著と伝えられる賦(ふ)(漢詩体の一つ)と書からなる上下2編の『連叢子(れんぞうし)』が付加されている。『孔叢子』中には、資料的信憑(しんぴょう)性は低いが、名家(めいか)の公孫竜(こうそんりゅう)が登場する公孫竜編、墨子(ぼくし)を非難した詰墨(きつぼく)編や、文字の訓詁(くんこ)を記した小爾雅(しょうじが)編なども含まれている。なお、その書の独治編によれば、撰者に擬せられる孔鮒は、陳勝に仕えて博士になったという。[伊東倫厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孔叢子の関連キーワード孔子家語聖典歌論議計算書言行録建白書注文書漫録右史風聞書

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone