訓詁(読み)クンコ

大辞林 第三版の解説

くんこ【訓詁】

字句の解釈。文章全体の意義を考えるのでなく、部分的な文字や語句を説明すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐こ【訓詁】

〘名〙 (「訓」は字句の解釈の意。「詁」は古語の意) 古いことばの意味を解釈すること。字句の解釈。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一「訓詁は注をしたと云心ぞ」 〔漢書‐揚雄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の訓詁の言及

【訓詁学】より

…(1)文字どおりには,訓詁すなわち文字の意味を明らかにすることを目的とする中国の学問の一分科ということだが,後述するように特別のニュアンスをもっていわれることもある。文字の意味を明らかにするといっても,ある漢字の意味を,他の漢字に置き換えるという形で説明することが多く,日本でいう漢字の〈訓(くん)〉と根本は同じことである。…

※「訓詁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android