コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孕石元泰 はらみいし もとやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

孕石元泰 はらみいし-もとやす

1521-1581 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)元年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)孕石村を領した。今川義元(よしもと)に,のち武田信玄・勝頼(かつより)につかえる。天正(てんしょう)9年3月遠江の高天神(たかてんじん)城の戦いで徳川家康方の捕虜となり,23日自刃(じじん)した。61歳。通称は主水(もんど)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

孕石元泰の関連キーワード大永

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android