コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川義元 いまがわよしもと

8件 の用語解説(今川義元の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今川義元
いまがわよしもと

[生]永正16(1519)
[没]永禄3(1560).5.19. 尾張,田楽狭間
戦国大名。駿河,遠江守護。室町幕府創業以来の功臣として,東海地方に重きをなした名門今川氏の嫡流氏親の第3子。母は大納言中御門宣胤の娘。初め出家して雪斎につき,富士郡善徳寺黙然和尚の弟子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまがわ‐よしもと〔いまがは‐〕【今川義元】

[1519~1560]戦国時代の武将。駿河遠江(とおとうみ)三河を支配。京都へ進出の途中、桶狭間(おけはざま)で織田信長勢に急襲され敗死。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今川義元【いまがわよしもと】

戦国大名。氏親(うじちか)の三男。検地,法度(はっと)の制定など内政を整備するとともに,本拠駿河を中心に,遠江(とおとうみ)・三河(みかわ)に進出し,東海地方第一の勢力となった。
→関連項目今川氏徳川家康三河一向一揆妙厳寺臨済寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川義元 いまがわ-よしもと

1519-1560 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)16年生まれ。今川氏親の子。母は寿桂尼。兄氏輝の死で駿河(するが)・遠江(とおとうみ)(静岡県)を領国とする家督をつぐ。太原崇孚(たいげん-そうふ)に補佐され,織田氏を攻め三河(愛知県)も支配,今川家の全盛時代をきずく。北条氏康,武田信玄と三国同盟をむすんで東方を安定させたのち,永禄(えいろく)3年西へむかい尾張(おわり)(愛知県)に侵入。織田信長の奇襲をうけ,桶狭間(おけはざま)で同年5月19日討ち死にした。42歳。
【格言など】第一なすべき文・武を,二つながら廃せり。今これを改めずんば,国覆り家滅せんこと必定なり(息子氏真にあたえた教訓)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今川義元

没年:永禄3.5.19(1560.6.12)
生年:永正16(1519)
戦国時代の武将。父は駿河・遠江守護今川氏親。母は中御門宣胤の娘寿桂尼。通称五郎。治部大輔。幼少のころ出家し,梅岳承芳と称した。氏親よりつけられた太原崇孚に従い,京都建仁寺,妙心寺において臨済禅を学ぶ。のち駿河善得寺にあったが,長兄氏輝が天文5(1536)年3月に病死すると還俗し,将軍足利義晴の諱の1字をもらって義元と名乗り家督を継承。これに対し,庶出の次兄玄広恵探の反乱(花倉の乱)が起きるが,6月10日これを下し,領国政策に着手する。翌6年,敵対していた甲斐の武田信虎の娘を妻とし同盟を結んだが,これにより従来同盟関係にあった相模北条氏との関係が悪化,義元自身が「河東一乱」と呼ぶ,富士川以東の地域を巡る北条氏綱との抗争を招いた。また,西方においては尾張織田氏が台頭し,同年三河岡崎城を攻撃。岡崎城主松平広忠は,子竹千代(のちの徳川家康)を人質として送ることで義元に援助を要請。義元もこれに応じるが,途中織田信秀に竹千代を奪われる。同18年広忠が死去し,松平勢力が織田氏につくことを恐れた義元は安祥城を攻撃。城主織田信広を捕らえて竹千代と交換することで,松平氏と三河をその配下に置いた。 義元は天文21年に娘を武田晴信の子義信に嫁がせていたが,同23年,晴信の娘が北条氏康の子氏政に,氏康の娘が義元の子氏真に嫁ぐことで甲相駿(甲斐,相模,駿河)三国同盟が成立。背後の憂いを断った義元は,永禄3(1560)年5月,不安定な西三河に支配を確立するため大軍を率いて出陣したが,同19日,桶狭間において織田信長の奇襲により討死した。義元は天文22年2月26日,「仮名目録追加」を制定。また,駿河,遠江,三河において検地を施行し,増分の検出により財政を強化,さらに軍役を整備し,寄親・寄子制度を創出するなど領国体制の確立に努めた。敗将ゆえに後世において,和歌を嗜み鉄漿をつけた柔弱な武将とされるが,これは必ずしも正当な評価ではない。墓所は臨済寺にある。<参考文献>小島広次『今川義元

(長谷川弘道)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いまがわよしもと【今川義元】

1519‐60(永正16‐永禄3)
戦国時代の武将。氏親の三男。治部大輔。初め出家して承芳と称し駿河善徳寺にいたが,1536年(天文5)兄氏輝の早世後,次兄恵探と家督を争いこれを倒し相続,太原崇孚(たいげんすうふ)(雪斎)を登用して駿河・遠江両国の経営に着手した。翌年武田氏と結び,北条氏と対立した。他方,織田氏が三河に進出すると松平氏の求めに応じ三河に出兵,48年,小豆坂に織田氏を破り,翌年安祥城を攻略して人質竹千代(徳川家康)を奪い返し,本格的に三河経営に着手した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いまがわよしもと【今川義元】

1519~1560) 戦国時代の大名。駿河・遠江とおとうみ・三河を治め、京都進出を謀ったが、桶狭間おけはざまの戦いで織田信長の奇襲を受け、敗死した。 → 今川仮名目録

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今川義元
いまがわよしもと
(1519―1560)

戦国大名。今川氏親(うじちか)の三男。母は中御門宣胤(なかみかどのぶたね)の女(むすめ)(寿桂尼(じゅけいに))。幼名は芳菊丸。最初駿河(するが)国富士郡今泉(静岡県富士市)の善徳寺の僧として梅岳承芳(ばいがくしょうほう)と称し、一時は京都建仁寺、妙心寺で修養を重ねた。1536年(天文5)4月に兄氏輝(うじてる)が早世すると異母兄の玄広恵探(げんこうえたん)(良真(りょうしん))と家督を争い(花倉(はなくら)の乱)、同年6月これを倒し今川家を継ぎ、還俗(げんぞく)して義元と名のった。翌年2月、武田信虎(のぶとら)の女をめとり同盟を結んだが、これを契機に、従来同盟関係にあった北条氏綱(うじつな)が駿河東部に侵攻したため、以後富士川以東の支配をめぐって戦い(河東一乱)、45年同地域の支配を回復する。一方、尾張(おわり)の織田信秀(おだのぶひで)の勢力拡大により三河松平氏が圧迫されると、これを援助し三河へ出兵、42年、48年の小豆坂(あずきざか)合戦(愛知県安城市)をはじめ、織田氏としばしば戦っている。この過程で東三河の吉田(豊橋)城を制圧、49年には松平氏の岡崎城を占領し、ついで織田氏の支城となっていた安祥(あんじょう)城を奪取し、その際の人質交換により織田氏のもとにいた松平竹千代(徳川家康)を駿府(すんぷ)に迎えた。天文(てんぶん)(1532~55)末期にはそれまでの駿河、遠江(とおとうみ)に加えて、ほぼ三河の領国化に成功し、領国の拡大とともに支配体制を着実に強化していった。検地の実施、家臣団・寺社統制、商工業・伝馬(てんま)政策、鉱山開発などはその例であり、53年制定の仮名目録追加第20条にみられる「只今(ただいま)はをしなべて自分の力量を以(もっ)て国の法度(はっと)を申付」という一節は、東海一の戦国大名としての自信を表している。また西進を目ざす義元は領国東部の政治的安定を意図し、54年には政略結婚による北条氏康(うじやす)、武田晴信(はるのぶ)(信玄(しんげん))との三者同盟を完成させ(甲相駿同盟)、さらに58年(永禄1)には駿遠支配を子息氏真(うじざね)に分掌させ、自らは三河支配と尾張領国化を策した。今川氏の発展はこうした一連の内政と外交の充実、連携に基因していたといえる。しかし60年5月、駿遠三の兵力を動員し尾張へ侵入した義元は、織田方の丸根(まるね)・鷲津砦(わしづとりで)を陥落させ、同月19日、本陣を桶狭間(おけはざま)(愛知県豊明(とよあけ)市)に移したところで織田信長の急襲を受け、壮烈な戦死を遂げた。法名天沢寺殿秀峰哲公大居士。
 なお近世史書類は、幕府の手前、神君家康を人質とした義元を戦国大名の器量として描いていないが、残された当時の史料による限り、義元はもっとも有能な戦国大名の一人だったといえる。[久保田昌希]
『小島広次著『今川義元』(1966・人物往来社) ▽小和田哲男著『駿河今川一族』(1983・新人物往来社) ▽今川氏研究会編『駿河の今川氏』1~6集(1975~82・静岡谷島屋)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今川義元の言及

【今川氏】より

…足利氏の一族で,駿河を本拠として遠江・三河にも進出した守護大名,戦国大名。足利義氏の子吉良長氏の次子国氏が三河国幡豆郡今川荘を領して今川氏を称したことに始まる。今川氏発展の基礎を作った範国は,足利尊氏に従って行動し,鎌倉幕府滅亡後,遠江・駿河両国守護や室町幕府の引付頭人に任じられた。以後,駿河守護職は今川氏によって世襲され,範氏,氏家,泰範,範政と伝えられた。また,範国の次子貞世(了俊)は長く九州探題として活躍した。…

【軍法】より

…近代兵制のもとでは1921年軍人軍属に関する刑事裁判を管轄する機関として軍法会議が設置された。戦国大名や近世大名が軍団の統制,戦闘能力強化のため制定した軍法としては,1553年(天文22)9月の毛利氏軍法,59年(永禄2)3月の今川義元定書,67年の武田信玄条目などが早期の制定に属するものであろう。今川義元が制定した7ヵ条の定書は,尾張侵入を前に公布したもので,兵粮馬飼料の給付,諸指令の順守,軍規維持,布陣や戦闘手段の厳守,隷属的奉公人の帰属などについて定め,最も整備された形態となっている。…

【太原崇孚】より

…父は庵原(いはら)氏,母は奥津氏。幼くして出家し,富士郡善得寺の舜琴渓のもとで承芳(のちの今川義元)とともに修行し,承菊と称した。のち京都建仁寺の竜堂常庵に参学し,妙心寺霊雲院の大休宗休の法を継いで弟子となった。…

【遠江国】より

…旧国名。遠州。現在の静岡県西部,大井川以西。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。国名は〈琵琶湖=近ッ淡海〉(近江)に対する〈浜名湖=遠ッ淡海〉(遠江)に由来するとされている。7世紀の中葉,遠淡海,久努,素賀の3国造の支配領域を併せて成立したものと思われる。国郡制に先行する国評制下の評として長田評,荒玉評・紀甲評(藤原宮木簡),淵評・駅評(伊場木簡)などが確認されている。令制下では国郡制施行当初の管郡は浜名,敷智(ふち),引佐(いなさ),麁玉(あらたま),長田,磐田,周智(すち),佐益(のち佐野(さや∥さの)),城飼(きこう),蓁原(はいばら)の10郡で,大国であったと推定されている。…

【徳川家康】より

…父は岡崎城主松平広忠,母は刈谷城主水野忠政の娘(於大の方(おだいのかた),法号伝通院(でんづういん))。広忠は駿河の大名今川義元の勢力下で尾張古渡(ふるわたり)城主織田信秀と対立していたが,その渦中で於大の方の兄水野信元が今川氏に背いて織田氏と結んだので,於大の方は3歳の竹千代を残して離別され,まもなく尾張阿古居城主久松俊勝に再嫁し,竹千代19歳のときまで会うことがなかった。 6歳のとき,人質として駿府の義元のもとへ行く途中を織田方に捕らえられて尾張に送られた。…

【松平氏】より

…しかし三河における松平氏の覇権は,35年(天文4)12月の清康の突然の死(〈守山崩れ〉)で中断した。 伊勢,遠江と流浪を余儀なくされた嗣子松平広忠は,今川義元の後援により37年6月に岡崎へ復帰し,一度は内訌は収拾されたが,西からの織田氏の圧力が強まると松平一族は再度分裂,広忠は今川氏への従属の度合を強め,松平氏の勢威は衰退の一途をたどった。49年3月に広忠が家臣に殺されると,松平領国は完全に崩壊した。…

※「今川義元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今川義元の関連キーワード今川氏今川氏真今川氏親今川範国今川氏豊今川頼貞西郷正勝斯波義達伊達範宗長瀬泰貞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今川義元の関連情報