字鏡(読み)ジキョウ

大辞林 第三版の解説

じきょう【字鏡】

字書。編者未詳。鎌倉初期成立か。零本。漢字を部首によって配列し、漢字による注のほか、片仮名で字音・和訓などを記す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じきょう ジキャウ【字鏡】

漢和辞書。撰者・成立年時不明。平安後期頃の成立か。完本は現存しない。部首別に漢字を分類、配列して漢文で注を施し、万葉仮名、片仮名の訓を付けてある。「新撰字鏡」「類聚名義抄」等をうけたもので、後の「字鏡集」「倭玉篇」の資料となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android