コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟秋 モウシュウ

デジタル大辞泉の解説

もう‐しゅう〔マウシウ〕【×孟秋】

《「」は初めの意》秋の初め。初秋。また、陰暦7月の異称 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もうしゅう【孟秋】

〔「孟」ははじめの意〕
秋のはじめ。初秋。
陰暦七月の異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の孟秋の言及

【立秋】より

…太陽暦では8月7~8日ころにあたり,暑さの峠である土用も立秋に明けて以後は暑くても暑中とはいわずに残暑という。詩歌では立秋より秋が歌われるが,7月を孟秋,8月を仲秋,9月を季秋として暦月の7~9月を秋とするのがふつうである。七十二候7月節〈一候涼風至る〉も同日である。…

※「孟秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

孟秋の関連キーワード臭・修・収・周・囚・執・宗・就・州・愁・拾・收・洲・皺・祝・秀・秋・終・繍・繡・羞・習・聚・臭・舟・蒐・衆・袖・褶・襲・讐・蹴・輯・週・酬・醜・集・驟妄・孟・望・朦・毛・濛・猛・盲・網・耄・耗・蒙呂氏春秋竜田祭異名孟月四孟三秋立秋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android