孤平(読み)コヒョウ

大辞林 第三版の解説

こひょう【孤平】

漢詩で、仄声そくせいの文字と文字の間に平声ひようしようの文字一字を用いること。詩病しへいの一つ。韻律を重視する絶句・律詩では最も嫌う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ひょう ‥ヒャウ【孤平】

〘名〙 漢詩の近体詩における禁止規定の一つ。一句の中で平声(ひょうしょう)が一字だけ孤立し、その上下に仄声(そくせい)の文字がおかれること。とくに五言詩の第二字、七言詩の第四字にきびしく避けられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android