コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤平 コヒョウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【孤平】

漢詩で、平声(ひょうしょう)の文字1字が前後を仄声(そくせい)の文字に挟まれていること。韻律を重視する近体詩ではこれを避ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こひょう【孤平】

漢詩で、仄声そくせいの文字と文字の間に平声ひようしようの文字一字を用いること。詩病しへいの一つ。韻律を重視する絶句・律詩では最も嫌う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

孤平の関連キーワード平仄式絶句漢詩律詩平仄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android