学問所(読み)ガクモンジョ

大辞林 第三版の解説

がくもんじょ【学問所】

学問をする場所。書斎。
学問をするための建物。学校。 「僕は藩の-の址に出来た学校に通ふことになつた/ヰタ・セクスアリス 鷗外
「昌平坂学問所しようへいざかがくもんじよ」のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の学問所の言及

【寛政異学の禁】より

…この禁令は幕府の教育機関を中心として旗本を対象としたもので,全国的に諸藩に令したものでもなく全国的に朱子学統一を志向したのでもなかった。幕府の改革は98年ごろまで続き,御学問所(昌平坂)の制度が確立し,学科内容や登用試験に朱子学を用いることになった。諸藩にも尾張藩,会津藩,彦根藩のように折衷派や徂徠派の学者を教官とする藩もあったが,幕府の意向を忖度(そんたく)して藩校に朱子学者を用いる傾向があった。…

【昌平坂学問所】より

…江戸幕府直轄の学問所。江戸湯島にあり昌平黌(しようへいこう)ともいう。…

※「学問所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学問所の関連情報