コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌平坂学問所 ショウヘイザカガクモンジョ

デジタル大辞泉の解説

しょうへいざか‐がくもんじょ〔シヤウヘイざか‐〕【昌平坂学問所】

江戸幕府の学問所。寛永7年(1630)林羅山が設立した私塾に始まり、元禄3年(1690)将軍徳川綱吉の命により湯島に移転、寛政の改革のとき幕府直轄の学問所となった。朱子学正学として幕臣・藩士などの教育にあたった。明治維新後に昌平学校、次いで大学校と改称したが、明治4年(1871)閉鎖。昌平黌(こう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

昌平坂学問所【しょうへいざかがくもんしょ】

江戸幕府の学問所,直轄学校。昌平黌(こう)ともいう。1691年将軍徳川綱吉が江戸上野忍岡から聖堂とともに林家の家塾を湯島に移し,次第に官学化したもの。幕府教学の本山という位置にあり,林家が大学頭(だいがくのかみ)として主宰,朱子学を講じた。
→関連項目安積艮斎大槻磐渓岡田寒泉私塾新編相模国風土記稿新編武蔵風土記稿大学頭内閣文庫林羅山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうへいざかがくもんじょ【昌平坂学問所】

江戸幕府直轄の学問所。江戸湯島にあり昌平黌(しようへいこう)ともいう。1790年(寛政2)寛政改革の一環として聖堂預りの林大学頭(信敬)に教学伸張の令(寛政異学の禁)を発し,つづいて学制規則を定め,庁堂学舎改作や教官増強の議がなされた。林家(りんけ)に依存した教育体制を改め,幕府直属の教育機関として制定したのである。柴野栗山,岡田寒泉,尾藤二洲儒官に任ぜられ,92年には教官官舎,講舎もでき上がり,学校としての制規がやや成り,廟学併存して講義が開始され,また中川忠英らの監察の下に小学,四書五経,歴史,策問の諸科の学業試問が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昌平坂学問所
しょうへいざかがくもんじょ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の昌平坂学問所の言及

【寛政異学の禁】より

…寛政改革の一つとして行われた江戸幕府の教学振興策。1790年(寛政2)5月,聖堂預り林大学頭信敬に塾内での教育は朱子学専一にすべき旨を達した。当時,徂徠学派,仁斎学派,折衷学派の流行に対して幕府の林家塾は不振の状態であり,朱子学擁護論が安永(1772‐81)ごろから出始め,松平定信の老中就任によって実現した。頼春水,尾藤二洲,柴野栗山,古賀精里,西山拙斎らの主張,とくに西山拙斎の定信への建白が強かったという。…

【林羅山】より

…29年民部卿法印に叙せられ,30年には上野忍岡(しのぶがおか)に学寮,先聖殿を建設し釈奠(せきてん)を行った。これは後の昌平黌(しようへいこう)(昌平坂学問所)の基になるものである。35年に武家諸法度,諸士法度を起草,36年に伊勢神宮参拝典礼,朝鮮国への国書起草,43年に《寛永諸家系図伝》,44年(正保1)に《本朝編年録》を編集した。…

※「昌平坂学問所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昌平坂学問所の関連キーワード神保判太夫学問所奉行荒井郁之助学問所勤番安井息軒古賀精里東京大学友野霞舟浅草文庫大国隆正湯島聖堂鷲津毅堂秋月種樹戸田氏徳松本奎堂佐藤一斎市河寛斎古賀侗庵中村正直昌平版

昌平坂学問所の関連情報