コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫君沢 そんくんたくSun Jun-ze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫君沢
そんくんたく
Sun Jun-ze

中国,元の画家。銭塘 (浙江省杭州) の人。馬遠夏珪などの南宋院体画法を学び,墨色豊かな山水画を描いた。墨色のコントラストが強く構図も整っているが,画趣は乏しい。作品は日本にも多く舶載され,「君沢様」として大きな影響を及ぼした。代表作『山水図』 (アメリカ,景元斎家) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

孫君沢【そんくんたく】

中国,元代の画家。生没年不詳。南宋院体山水画の伝統の残る浙江地方に生まれ,馬遠夏珪(かけい)の画風を学んで山水人物をよくした。代表作《楼閣山水図》は馬遠の構図法と夏珪の湿潤な筆法をくむものだが,やや形式化し,画趣は平板。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

孫君沢の関連キーワード元の美術

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android