コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙の相転移 うちゅうのそうてんい phase transition of universe

1件 の用語解説(宇宙の相転移の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙の相転移
うちゅうのそうてんい
phase transition of universe

一般に相転移とは,物質やエネルギーがある状態から別の状態へ突然に変る現象をいう。たとえば,水が凍って氷になったり沸騰して水蒸気になるのはその一例である。宇宙の相転移とは,特に高温高密度の初期宇宙が冷えてゆくにつれ,粒子間に働く4種類の力である電磁相互作用 (電気の力) ,弱い相互作用 (放射崩壊を支配する力) ,強い相互作用 (原子核を構成する力) ,重力相互作用 (万有引力) が,一つの融合した状態から分化した状態に移る現象をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙の相転移の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー原子エネルギー熱エネルギー二次エネルギーエネルギー学エネルギー源エネルギー弾性エネルギー平衡吸収エネルギー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone