コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇比山踏 ういやまぶみ

1件 の用語解説(宇比山踏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇比山踏
ういやまぶみ

江戸時代後期の国学書。「うひ山ふみ」とも書く。本居宣長著。寛政 10 (1798) 年に門人の要請によって執筆したもので,初学者の手引書。同 11年刊。1巻。『古事記伝』を脱稿した直後の作で,小冊子ながら著者多年の学識と自信がその基底にあり,古学の概念と研究法についての解説は懇切をきわめ,単に学問の入門書というだけでなく,宣長の思想や学問を知る貴重な資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇比山踏の関連キーワード山田以文うひ山ぶみ三鍼田内董史藤田惟中堀江宗彰真野可亭三熊野文丸六歌園文数若松則文

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone