宇治丸(読み)ウジマル

大辞林 第三版の解説

うじまる【宇治丸】

京都府宇治市の特産である鰻鮨うなぎずしの異名。また、かば焼きにもいう。うじのまる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うじ‐まる うぢ‥【宇治丸】

〘名〙 (山城国(京都府)宇治の名物であったところから) ウナギ。また、そのすし、かばやきなど、調理したもの。うじまろ。うじ。
※御湯殿上日記‐享祿五年(1532)五月一一日「二ゐ殿よりうちまるのすもし、てんがいまいる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の宇治丸の言及

【ウナギ(鰻)】より

…たしかに江戸時代以前,ウナギは決して美味な魚ではなかった。室町時代には宇治丸(うじまる)のすし,蒲焼などのウナギの料理が行われていた。宇治丸は宇治川産のウナギの異名であり,同時にウナギのすしをもいった。…

【蒲焼】より

…みりんじょうゆをつけながら焼く付け焼きの一種で,アナゴ,ハモ,ドジョウなどにも用いられる。室町期の《大草家料理書》に〈宇治丸かばやきの事,丸にあぶりて後に切也,醬油と酒と交て付る也,又,山椒味噌付て出しても吉也〉という一条がある。これがウナギの蒲焼の初見で,宇治丸というのは,はじめは宇治川産のウナギを指したが,やがてウナギの異名となり,ウナギのすしをもこの名で呼んだ。…

【すし(鮓∥鮨)】より

…前代からの馴れずしはウナギ,ドジョウ,ナマズなど新しい材料を加えて盛んにつくられていたが,同時に馴れずしでは食べなかった飯を食べるものにした生成(なまなれ∥なまなり)というすしが発明されたのである。ウナギの馴れずしは宇治丸(うじまる)とも呼ばれた。ぶつ切りにしたウナギを塩を入れた酒に1晩漬け,そのあと米飯と塩で漬けこむといったものだったようで,狂言の《末広がり》や《目近(めぢか)》に見えるドジョウの馴れずし同様,ごくあたりまえの食べ物だった。…

※「宇治丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android