コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮太郎 うつのみや たろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮太郎 うつのみや-たろう

1861-1922 明治-大正時代の軍人。
文久元年3月18日生まれ。宇都宮徳馬の父。明治34年駐イギリス公使館付武官。のち参謀本部第二部長,第四師団長などをへて,大正7年朝鮮軍司令官。翌年陸軍大将。桂太郎,仙波太郎とともに陸軍の三太郎とよばれた。大正11年2月15日死去。62歳。肥前佐賀出身。陸軍大学校卒。旧姓は亀川。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇都宮太郎

没年:大正11.2.15(1922)
生年:文久1.3.18(1861.4.27)
明治大正期の陸軍軍人。佐賀藩出身。宇都宮十兵衛の次男。子の徳馬は政治家。明治18(1885)年陸軍士官学校卒,23年陸軍大学校卒。34~39年イギリス大使館付武官となり,35年日英両国軍共同作戦計画の策定会議に列し,日露戦争(1904~05)中は,欧米の対日世論対策として旅順要塞内非戦闘員の避難勧告を献策し,また滞英中の明石元二郎大佐を補佐するなど裏方として貢献した。のち参謀本部第1,第2各部長,第7,第4各師団長,朝鮮軍司令官などを経て,大正8(1919)年大将に進み,翌年軍事参議官。陸軍内の反長州閥であり,薩摩閥の上原勇作陸軍大臣擁立運動や2個師団増設問題などで活動。<参考文献>上原勇作関係文書研究会編『上原勇作関係文書』,宇都宮徳馬「おやじ・宇都宮太郎」(『朝日ジャーナル』1964.6.14号)

(岸本昌也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宇都宮太郎の関連キーワード宇都宮 徳馬松石安治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android