コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮徳馬 うつのみやとくま

4件 の用語解説(宇都宮徳馬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇都宮徳馬
うつのみやとくま

[生]1906.9.24. 東京
[没]2000.7.1. 神奈川相模原
政治家。父は陸軍大将宇都宮太郎陸軍幼年学校,水戸高校を経て京都大学に入ったが,当時の社会主義運動に走り 1928年不敬罪で検束され中途退学。 30年共産党へ入党,治安維持法で投獄されるが,獄中で転向し 31年保釈される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇都宮徳馬【うつのみやとくま】

政治家。東京都出身。京都帝国大学(現,京都大学)で河上肇に師事したが,論文が不敬罪に問われ大学を中退。1938年にミノファーゲン製薬を創立し,社長に就任。1952年に自由党公認で東京2区から衆議院議員に初当選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮徳馬 うつのみや-とくま

1906-2000 昭和-平成時代の実業家,政治家。
明治39年9月24日生まれ。宇都宮太郎の長男。京都帝大在学中河上肇(はじめ)に師事し,不敬罪で検束され退学となる。昭和13年ミノファーゲン製薬を設立し,社長。27年衆議院議員(当選10回,自民党)。55年無所属参議院議員(当選2回)。宇都宮軍縮研究室を設立,軍縮や日中友好に尽力した。平成4年引退。平成12年7月1日死去。93歳。東京出身。著作に「アジアに立つ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都宮徳馬
うつのみやとくま
(1906―2000)

政治家。東京・渋谷に生まれる。父は陸軍大将宇都宮太郎。陸軍幼年学校卒業後、旧制水戸高等学校、京都帝国大学経済学部に転ず。京大では河上肇(はじめ)の影響を受け社会科学研究会のリーダーとなるが不敬罪で検束され退学。1930年(昭和5)治安維持法違反で投獄され、翌1931年保釈となる。満州事変後の株高騰で得た利益をもとに1938年ミノファーゲン製薬会社を設立。第二次世界大戦後、読売新聞論説委員を経て、1952年(昭和27)自由党から衆議院議員に当選、以来衆議院10選。日中、日ソ、日朝の国交回復に尽力、リベラリストとして党内異色の存在であった。1976年金大中(きんだいちゅう/キムデジュン)、ロッキード両事件の処理に憤激し議員を辞職、自由民主党からも離党した。1980年参議院当選。1992年(平成4)政界を引退。内外の軍拡傾向に抗議し国際軍縮議員連盟を組織する。宇都宮軍縮研究室から月刊誌『軍縮』を発行し、憲法擁護の論陣を張った。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇都宮徳馬の関連キーワード山岸純滝沢修飛鳥井雅道大西一木戸蓊熊谷太三郎小松芳喬斎藤もと中森蒔人本坊豊吉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇都宮徳馬の関連情報