コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮持綱 うつのみや もちつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮持綱 うつのみや-もちつな

1395-1423 室町時代の武将。
応永2年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)宇都宮氏の分家の武茂(むも)氏から宇都宮満綱の娘婿となり,同家をつぐ。幕府が鎌倉公方(くぼう)足利持氏に対抗するため関東の豪族を組織した京都扶持衆のひとりとなる。応永29年小栗満重(おぐり-みつしげ)とともに持氏とたたかって敗れ,30年8月9日自殺した。29歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇都宮持綱

没年:応永30.8.9(1423.9.13)
生年:応永2(1395)
室町時代の武将。満綱の女婿。宇都宮氏の庶流武茂氏より入嗣。応永18(1411)年の末ごろ名実共に宇都宮氏の家督を継承。鎌倉府よりも室町幕府との関係を強め,関東に居ながら親幕府の立場をとる京都御扶持衆として活躍。応永24年には幕府の推挙で,上杉禅秀の乱後欠員となっていた上総国の守護に補任された。こうした動きは鎌倉公方足利持氏との対立を深め,応永30年,鎌倉公方軍の攻撃を受け自害して果てた。<参考文献>山家浩樹「上総守護宇都宮持綱」(『日本歴史』490号),江田郁夫「応永・永享期の宇都宮氏」(『歴史』72号)

(荒川善夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

宇都宮持綱の関連キーワードビスコンチ山名満幸足利義持宇都宮持綱ジャンフランチェスコ1世室町時代(年表)マソリーノ・ダ・パニカーレ足利義量足利義持ベネディクツス13世

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android