コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮氏 うつのみやうじ

4件 の用語解説(宇都宮氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇都宮氏
うつのみやうじ

藤原道兼の子孫で,下野の豪族。頼綱のとき源頼朝に仕え,執権北条氏と通婚し,子孫代々引付衆に列した。南北朝内乱期には足利尊氏に属し,下野,常陸などに所領を有した。のち豊臣秀吉に従ったが,関ヶ原の戦いに西軍に加担し,敗れて除封。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇都宮氏【うつのみやうじ】

中世下野(しもつけ)の豪族。出自には諸説がある。宇都宮社務職を世襲し,鎌倉幕府の有力御家人で伊予(いよ)・美濃(みの)などの守護職を与えられ,歌道にも秀でた。一族は四国・九州などの地頭職を得て各地に蟠踞(ばんきょ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うつのみやうじ【宇都宮氏】

中世の下野国の豪族。出自については,下毛野(しもつけぬ)氏,中原氏,藤原氏など諸説がある。家伝では大織冠藤原鎌足の後裔で関白藤原道兼の流れをくみ,道兼の曾孫宗円が前九年の役のとき下野国に下向し,宇都宮座主となったのにはじまるという。下野一宮の神主を世襲して下野国中央部に勢力をもち,宗円の孫朝綱は平氏に属し,さらに後白河院の北面をつとめたとされる。朝綱はのちに源頼朝に従って各地で戦功をあげ,宇都宮社務職を安堵されて宇都宮氏発展の基礎を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都宮氏
うつのみやうじ

中世の下野(しもつけ)の豪族。その出自については、下毛野(しもつけぬ)氏、中原氏、藤原氏などの諸説があり、確証はないが、関白藤原道兼(みちかね)の曽孫(そうそん)宗円(そうえん)が前九年の役(1051~1062)に、安倍頼時(あべよりとき)調伏のため下野に下り、氏家勝山(うじいえかつやま)(栃木県さくら市)の釜ヶ淵(かまがふち)で祈祷(きとう)し土着したのに始まるという。宗円の孫朝綱(ともつな)は、頼朝の奥州征伐に功をたて、遠田(とおだ)郡(宮城県)の地頭職を拝領し、また1194年(建久5)東大寺大仏の脇侍観音像(わきじかんのんぞう)を造立するなど、有力御家人(ごけにん)として重きをなした。宇都宮氏は代々宇都宮二荒山神社(ふたらやまじんじゃ)の社務職を相伝し、評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付衆(ひきつけしゅう)などにも任ぜられ、幕政の中枢にも参画した。和歌をよくし、宇都宮歌壇を形成した。1283年(弘安6)景綱(かげつな)の制定した『宇都宮家式条』は、武家家法として最古のもの。室町時代、関東公方(くぼう)足利(あしかが)氏に属し、関東八家の一つとして勢力を振るい、一時期氏綱(うじつな)は越後(えちご)(新潟県)・上野(こうずけ)(群馬県)の、持綱(もちつな)は上総(かずさ)(千葉県)の、等綱(ひとつな)は下野の守護に任じたが、戦国時代には互いに内訌(ないこう)外戦を繰り返し、1597年(慶長2)国綱は石高隠匿の罪により、豊臣秀吉(とよとみひでよし)によって所領を没収され、備前(びぜん)(岡山県)の宇喜多秀家(うきたひでいえ)に預けられたが、慶長の役に参陣を許され、所領回復の望みをつないだ。しかしそれも秀吉の死により実現せず、宇都宮氏は滅亡した。[新川武紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇都宮氏の言及

【伊予国】より

…平氏にくみした新居氏は没落し,源氏に味方した河野氏は大いに勢威をふるうことになった。
【中世】
 鎌倉幕府の成立とともに,伊予国の守護として佐々木盛綱が任命されたが,まもなく宇都宮氏にかわった。宇都宮氏の守護職は鎌倉末まで続いた。…

【下野国】より

小山氏は鎌倉・南北朝時代を通じて一貫して下野の守護であり,一時期播磨の守護職をも兼帯し,また支族の長沼氏も淡路国の守護職に任ぜられている。宇都宮氏は1189年(文治5)奥州征伐の恩賞として陸奥遠田郡の地頭職に任命され,また宇都宮二荒山(ふたらやま)神社の社務職を相伝するなど,下野中部随一の武将として活躍した。1283年(弘安6)の《宇都宮家式条》は,武家の家法として最も古い。…

【豊前国】より

…豊前では山鹿秀遠の没官領伊方荘(現,田川郡方城町,田川市)や板井種遠の旧領田川郡柿原名,仲津郡城井郷,築城郡伝法寺荘などの地頭職と豊前国税所職(さいしよしき)などを,92年(建久3)に下野国御家人宇都宮信房に宛て行った。宇都宮氏はこの所領を景房―信景―通房―頼房―冬綱(守綱)と相伝,通房は鎮西談議所頭人,頼房は鎮西探題評定衆,引付衆に参与,冬綱は1354年(正平9∥文和3)から74年(文中3∥応安7)ごろまでの間豊前守護に任じられ,宇都宮氏全盛期を創出した。庶家は野仲,山田,成恒,深水,大和,西郷,如法寺,友枝,広津,城井,佐田などの各氏で,しだいに豊前各地に土着・発展した。…

※「宇都宮氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇都宮氏の関連キーワード小田氏小山氏宗氏毛野栃木県下野市国分寺栃木県栃木市田村町遠弥計赤蜂宍戸氏芳賀氏宗像氏

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇都宮氏の関連情報