コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野長七 うの ちょうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野長七 うの-ちょうしち

?-? 江戸時代中期の歌舞伎囃子(はやし)方。
六合(郷)派の祖。小鼓の名手といわれ,能楽の囃子に工夫をくわえた雷序(来序)や小鼓二つを打ちあわせる谺(こだま)などの新手法を案出。江戸の歌舞伎囃子に影響をあたえた。明和3年(1766)引退し六合新三郎(初代)を名のったという。号は長斎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うのちょうしち【宇野長七】

江戸中期の歌舞伎囃子方。小鼓の名手。生没年不詳。長斉と号する。1713‐66年(正徳3‐明和3),主に江戸市村座に出演。〈来序(らいじよ)〉〈谺(こだま)〉などという手を作る。隠退後,六郷新三郎を名のる。囃子方六合家の流祖。六郷新三郎【植田 隆之助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇野長七の関連キーワード六合新三郎(六郷新三郎)望月太左衛門(初代)望月太左衛門(1世)小泉長次郎(初代)六郷新三郎(2代)望月太左衛門六合新三郎(6代)宇野長斎長唄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android