宇野長七(読み)うの ちょうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野長七 うの-ちょうしち

?-? 江戸時代中期の歌舞伎囃子(はやし)方。
六合(郷)派の祖。小鼓の名手といわれ,能楽の囃子に工夫をくわえた雷序(来序)や小鼓二つを打ちあわせる谺(こだま)などの新手法を案出。江戸の歌舞伎囃子に影響をあたえた。明和3年(1766)引退し六合新三郎(初代)を名のったという。号は長斎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うのちょうしち【宇野長七】

江戸中期の歌舞伎囃子方。小鼓の名手。生没年不詳。長斉と号する。1713‐66年(正徳3‐明和3),主に江戸市村座に出演。〈来序(らいじよ)〉〈谺(こだま)〉などという手を作る。隠退後,六郷新三郎を名のる。囃子方六合家の流祖。六郷新三郎【植田 隆之助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android