コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六合 くに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六合
くに

群馬県北西部,中之条町西部の旧村域。北部新潟県,長野県に接する。三国山脈の南斜面および白根山の東斜面にあり,白砂川流域を占める。1900年村制施行。2010年中之条町に編入。木材生産のほか,高原上の開拓地では酪農が行なわれ,高原野菜を産し,曲げ物細工の特産がある。北部に野反湖,中部に花敷温泉尻焼温泉,湯ノ平温泉があり,一部は上信越高原国立公園に属する。長野県山ノ内町との境に渋峠草津峠がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りく‐ごう〔‐ガフ〕【六合】

天地と四方。上下四方。また、天下。世界。全宇宙。六極(りっきょく)。

ろく‐ごう〔‐ガフ〕【六合】

りくごう(六合)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

六合(くに)

群馬県吾妻郡中之条町の六合地区にある道の駅。国道292号に沿う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

りくごう【六合】

上下と東西南北の六つの方角。天下。世界。六極りつきよく。 「天地-に瀰漫する/社会百面相 魯庵

ろくごう【六合】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六合
くに

群馬県北西部、吾妻(あがつま)郡にあった旧村名(六合村(むら))。2010年(平成22)中之条町に編入。現在は中之条(なかのじょう)町の西部を占める地域。北部は新潟・長野の両県に2000メートル級の山で接する山村。古来隔絶性が強く、1900年(明治33)草津村の大字入山(いりやま)、小雨(こさめ)、太子(おおし)、日影(ひかげ)、赤岩(あかいわ)、生須(なます)が分村して六合村と名づけた。集落は村の中央を南流する須(す)川(白砂川)の川筋に点在し、わずかの耕地と「ひしゃく」などの曲物(まげもの)細工と炭焼きで生活してきた。第二次世界大戦後栄えた群馬鉄山も1965年(昭和40)閉山となり、人口密度は1平方キロメートル当り9.1人弱(2005)で過疎地域。国道292号と405号が町のほぼ中央を縦断する。野反(のぞり)湖や花敷(はなしき)温泉、湯ノ平(ゆのたいら)温泉にJR吾妻線長野原草津口駅からJRバスが通じ、風景がよい。[村木定雄]
『『六合村誌』(1973・六合村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六合の関連キーワード六合 新三郎(8代目)梅屋 勘兵衛(3代目)群馬県吾妻郡中之条町今藤長十郎(2世)六合新三郎(6代)六郷新三郎(2代)梅屋勘兵衛(3代)佐藤清(2)内ヶ崎作三郎四海波静か吉田絃二郎広住 久道三浦 関造東西南北小田玄蛙小原雲心津田正生六合雑誌宇野長七佐藤正行

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六合の関連情報