守住 周魚(読み)モリズミ チカナ

20世紀日本人名事典の解説

守住 周魚
モリズミ チカナ

明治・大正期の日本画家 日本美術協会大阪支部技芸員。



生年
安政6年2月11日(1859年)

没年
大正14(1925)年9月3日

出生地
阿波国(徳島県)

主な受賞名〔年〕
博覧会一等賞(第3回)〔明治20年〕

経歴
御用絵師である父・貫魚に住吉派の絵を学ぶ。明治12年富田浦の岩野新平と結婚するが、との折り合いが悪く、13年に離婚し実家に戻った。のち家族と共に大阪に移り、18年には父から住吉派を受け継ぐ意味で、住吉家伝画本と銅印を譲られた。以後も画業の研鑽を怠らず、20年第3回博覧会に作品を出展し、一等賞を受賞。30年には日本美術協会大阪支部の技芸員に選ばれた。また、36年には皇后御前で揮毫し、皇太子(のちの大正天皇)に「道成寺」を献上。特に、男性的な武者絵や趣味で集めた郷土玩具をよく描いた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android