コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護使 シュゴシ

大辞林 第三版の解説

しゅごし【守護使】

中世、守護から派遣された使。その国の田畑を検視し、また、租税を督促する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

守護使の関連キーワード佐々木貞清守護使不入守護領国制良慶(2)沢村基宗戦国大名使節遵行大塔合戦守護不入小宅荘摂津国奉公衆満願寺打渡状遵行状段銭中世良慶入部京済

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android