守護使(読み)しゅごし

精選版 日本国語大辞典「守護使」の解説

しゅご‐し【守護使】

〘名〙 中世、守護から派遣されて、その領国で検断や段銭の徴収などにあたった臨時の使。守護所使。しゅごつかい。
※吾妻鏡‐正治元年(1199)一一月八日「仍今日被其沙汰、有御許容、且於彼地守護使入部之旨、所仰下也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android