コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井吉家 やすい よしいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安井吉家 やすい-よしいえ

1834-1890 幕末-明治時代の神道家。
天保(てんぽう)5年11月生まれ。家は代々近江(おうみ)(滋賀県)蒲生郡(がもうぐん)鋳物寺(いもじ)村の竹田神社の神職。京都で大国隆正,のち権田直助に国学をまなび,尊攘(そんじょう)運動にくわわる。慶応3年家職をつぎ,蒲生郡布教取締,神宮分教会副長などを歴任。和歌をたしなんだ。明治23年2月死去。57歳。通称は泰太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安井吉家の関連キーワード電話社会民主党(ドイツ)ドイツ映画チェコ文学日本科学史(年表)ビゴー明治維新改良主義実験映画造船業

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android