安倍季資(読み)あべ すえすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍季資 あべ-すえすけ

1813-1868 江戸時代後期の雅楽家。
文化10年生まれ。大坂天王寺楽人の林広胖(ひろとも)の次男で,京都方の安倍季良(すえはる)の養子となる。篳篥(ひちりき)のほか琵琶(びわ)の演奏にすぐれ,安倍季誕(すえのぶ)とならび称された。慶応4年3月15日死去。56歳。編著に「楽器歌集」「篳篥相承血脈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android