コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安倍季資 あべ すえすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安倍季資 あべ-すえすけ

1813-1868 江戸時代後期の雅楽家。
文化10年生まれ。大坂天王寺楽人の林広胖(ひろとも)の次男で,京都方の安倍季良(すえはる)の養子となる。篳篥(ひちりき)のほか琵琶(びわ)の演奏にすぐれ,安倍季誕(すえのぶ)とならび称された。慶応4年3月15日死去。56歳。編著に「楽器歌集」「篳篥相承血脈」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安倍季資の関連キーワード戊辰戦争ペグマタイトオブレノビチ家旧ユーゴ諸国史(年表)早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフアドネドンケル=クルティウス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android