京都方(読み)きょうとかた

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとかた【京都方】

宮廷所属の雅楽演奏専門家(楽人伶人,楽師などと称す)の出身系統を示す名称。平安中期ごろには楽所(がくしよ∥がくそ)という宮廷の式典楽に従事する地下(じげ)の官人の組織が形成され,世襲された。のちに16世紀後期に至って,応仁の乱などによる旧来の宮廷所属楽人の離散を補う形で興福寺所属の南都方,四天王寺所属の天王寺方の楽人を加えて,三方楽所(さんぽうがくそ)という楽団が形成され,宮廷行事に従事した。京都方とは,三方楽所の構成員のうち旧来の宮廷所属の楽派をさし,京方,北京方または大内楽所ともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都方の関連情報