安全になった白内障の手術

六訂版 家庭医学大全科の解説

安全になった白内障の手術
(眼の病気)

 白内障は、少しずつ手術方法が改善され、現在はほぼ完成された感があります。技術の発達とともに安全性も増し、術後すぐからよい視力が得られるようになってきました。

 以前は水晶体(すいしょうたい)を丸ごと取っていましたが、今は水晶体の外側(水晶体(のう))を残して、にごっている中身のみ取り除き、残した袋を利用して眼内レンズを挿入しています。最近は小さい傷口で手術が行えるようになったので、傷口を縫わない方法で手術を終了します。時間も短縮され、点眼麻酔で行えることも多くなっています。手術の痛みもあまりありません。ただ、進行した白内障では大きい傷口をつくらないといけない場合や、眼内レンズが同時には入れられないこともあります。

 数日の入院が必要ですが、白内障が軽度で、全身病気のない若い人は、日帰り手術もできるようになってきました。

出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android