コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定地塊 あんていちかい

百科事典マイペディアの解説

安定地塊【あんていちかい】

剛塊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

あんてい‐ちかい〔‐チクワイ〕【安定地塊】

安定大陸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あんていちかい【安定地塊 stable land‐mass】

古い地質時代に激しい変動を受け,その後は安定化してしまった地殻の部分で,変動帯と対照的な地域。クラトンcraton(剛塊)ともいう。主として花コウ岩や変成岩類からなり複雑な地質構造を示す。この上に後の時代の堆積岩が,ほぼ水平に重なることもある。先カンブリア時代の変動後に安定化し,その後の堆積物がほとんどない楯状地と,かなりの堆積物に覆われる卓状地または台地とが区別される(図)。【植村 武】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安定地塊の関連キーワードエパイロダイアトレシスアフリカ楯状地クラトテイパルオート地向斜ブラジル高原ギアナ高地地体構造陸背斜大陸地塊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android